■ 社会保険
すべての法人事業所・常時5人以上の従業員を使用する個人事業所は必ず社会保険の適用を受ける必要があります。

■ 労働保険
1人でも労働者を雇用していれば、労災保険・雇用保険ともに適用事業所となり、保険関係を成立しなければなりません。(ただし、雇用保険は被保険者に該当する労働者がいる場合のみ)
※労働者にはパート・アルバイトを含みます。